気がつけば今日もカフェ

おいしい、ヘルシーが好きな三十路女のカフェめぐり日記。気ままに綴ってゆきます。

みんなに愛される癒しのあんこ⚫つばきや

f:id:ankobit:20180422102454j:plain

神戸市中央区鯉川筋を北へ上がっていくと、ふと目に入る小さな和菓子屋さん「和のおやつ つばきや」。あんこのおやつに目がない私がずっと行ってみたかったお店です。



f:id:ankobit:20180422102526j:plain

赤い椿のロゴマークが目を引く看板。



f:id:ankobit:20180427000519j:plain

あずき色の軒先テントに、すだれやお品書きの短冊。レトロなたたずまいにほっこりします。



f:id:ankobit:20180426234940j:plain

2、3人入るのがやっとの、こじんまりした店内。


この日はとてもいいお天気で、汗をかきかき元町駅から歩いて行った私を、ゆっくりしていってくださいねと迎えてくださった女性店主さん。まさに、あんこのような癒し系。

ご自身があんこ好きという店主さん。あんこのおやつのお店をと、2年前に「つばきや」をオープン。
以前は、チュニジア人(!)のご主人が営む神戸市内のチュニジア料理店を手伝っていたそうです。
旅行も好きだという店主さん、チュニジアを旅行中にご主人と出会ったんですって。



f:id:ankobit:20180428120029j:plain


f:id:ankobit:20180428120355j:plain

おはぎや桜もち、スコーンにグラノラ・・・かわいらしいお菓子たちに、いちいちキュンキュンしてしまいます。品数は多くありませんが、その分ひとつひとつ心をこめて作られています。


では、そのかわい子ちゃんたちを紹介していきましょう。


f:id:ankobit:20180425205648j:plain


f:id:ankobit:20180428122742j:plain

ちょっと小ぶりなおはぎは、小豆つぶあん、黒豆きなこ、黒ごま、青のり、くるみ白あんの5種類。中には小豆あんが入っています。



f:id:ankobit:20180427001636j:plain

家に帰って箱を開けると、おはぎたちが早く食べて食べてと誘っているようで(笑)

あんこは甘さを抑えてあるからか、小豆の風味がしっかり生きています。店主さんがコトコトと小豆を炊いている姿が思い浮かびます。
おもちは、粘りが強いのが特徴の佐賀のひよくもち米を使ってあり、もっちりとした歯ごたえ。

定番のつぶあん、きなこはもちろん大好きなのですが、個性派のくるみ白あんは、香ばしくて予想以上のおいしさでした。



f:id:ankobit:20180426233951j:plain

季節の和菓子、桜もち。



f:id:ankobit:20180423213737j:plain

淡いピンク色、桜の葉の香り、口に運べば上品な甘さが広がります。和菓子は五感で楽しむとよく言われますが、ほんとにそうだなあと実感。
桜の時期はもう終わりましたが、桜もちで春を味わうことができます。あ、花より団子ですね。



f:id:ankobit:20180423154713j:plain

どら焼きは、小豆つぶあん、あんず白あんの2種類。小腹を満たすのにちょうどいい小ぶりなサイズ。今回はあんず白あんをいただきました。
しっとりした生地には、「つばきや」の焼印が。あんずの甘酸っぱさと白あんの甘さがほどよくマッチしています。



f:id:ankobit:20180425191658j:plain

あんこがたっぷり練り込まれたあんスコーンは、小豆あんと抹茶白あんの2種類。
スコーンが盛ってあるお皿もステキ。



f:id:ankobit:20180425190053j:plain

ほろっと軽い食感で、味もあっさり。



f:id:ankobit:20180425191355j:plain

あんこのグラノラ。
オーツ麦にあんこが混ぜ込んであります。クルミやドライマンゴーも入っていて、ザクザクとした食感。50g入りと150g入りがあるのですが、欲張りな私は150g入りを買いました。



f:id:ankobit:20180425190814j:plain

今日はヨーグルトに入れていただきましたが、ごろっとしたかたまりもあり、このままでも十分おやつになります。これはたぶん、食べだすと止まらない危険なおいしさ!



f:id:ankobit:20180425210248j:plain

山椒もち。
斜向かいの乾物屋さん「うおくに商店」の粉山椒を練りこんだ、やわらか〜い羽二重餅のようなおもち。



f:id:ankobit:20180425210544j:plain

口に入れた瞬間、爽快感が広がり、そのあとピリリとした辛さがやってきます。食べたあともしばらくは口の中に爽やかさが残り、初夏を感じる味。

あ、「うおくに商店」については次回の記事で語りますね!



f:id:ankobit:20180426233830j:plain

素朴だけれど、やさしい味わいのおやつたち。
余計なものは入れず、お砂糖も洗双糖やオーガニックシュガーを使用するなど、自然に近い味を心がけておられます。


お母さんと一緒にスコーンを買いに来る男の子、どら焼きありますか?と足を止めるご婦人、こないだのはちょっと甘すぎたねと、味を品定めしてくれるおばあちゃん・・・私が店主さんとお話させてもらっているあいだに、いろんな人が立ち寄っていました。

おいしいだけじゃなく、店主さんのお人柄も、みんなに愛されるゆえんなのでしょうね。
私もご近所だったら毎日でも通ってしまいそう。



f:id:ankobit:20180425210932j:plain

5月からはわらびもちが、夏にはかき氷も登場するそうなので、また足を運んでみたいと思います。



f:id:ankobit:20180428122959j:plain


前回の記事であんこのお話をしたばかりですが、今回もあんこが主役でしたね。そのうち、あんこのおやつを集めた“あんこ手帳”なるものを作ってみたいなあと、ぼんやり考えています。




⚫○⚫○⚫
和のおやつ つばきや
神戸市中央区中山手通3-12-15-101
☎︎078-384-2871
12:00から17:30まで
日・月曜、祝日定休